ゴルフ」カテゴリーアーカイブ

はじめてのNR

先週土曜日のゴルフコンペ。ちょっと暑かったがいい陽気でゴルフ日和。
出だし最初のホール、下りの返しのパットを決めてパー。
2つ目のホール、上りの長めのパットが決まってバーディー。
今日はツイてると思いつつ3ホール目。残り140yのセカンドショットをダフってしまい、52度をカートに取りに行って駆け足で戻ろうとしていたとき、突然バーンという爆発音を聞いたと同時に右足が釣った感じに。靱帯切れたかも!と一瞬驚いたが、足は動くので、足が釣っただけだなと思い、丁寧にアプローチ。ゆっくり歩きながら、2パットでボギーで凌ぐ。
次のホールからドライバーはとても足が痛くて振れない・・・多分釣ったわけではなく、肉離れだ。3ホールほど頑張ったが悪化しそうなほど痛いので、初のリタイヤ。コンペだったのでNR(ノーリターン)に。。。調子が良いときほど怪我に気をつけようというのは本当ですな。怪我の予防のためにストレッチは本当に大事ですな。
先週の連休はまともに歩けず家でハイハイしている生活だったが、一週間ほどしてようやくまともに歩けるようになってきたわ。良い季節なのに当分ラウンドはお預け。

ベスト更新

お盆休みを1日取って、千代田カントリーでラウンド。
クラブハウスがいくつかに別れている構造が特徴的で、以前に一回来たことがあるような気がする。
天気もいい感じで、前半はボギー3つのみ残りはみんなパーでなんと39。バーディーなしで30台は初めてかも!
お昼挟んで、後半はダボ、トリで始まってしまった・・・でも開き直ってその後はボギー3つ、パー4つで凌いで44。トータル83。ついに80台前半に突入!

虎屋の最中

虎屋にてホールインワン最中を購入。
以前ネタで買ったことはあるけれど、
本当にホールインワンして買うことになるとは思っても見なかったわ。

ついに出た

昨日は千葉県某所で会社がホスト役の取引先コンペ。
初めて回るコースで、スケール感の大きさに圧倒されながらプレーしておりました。
約150yのニアピンホール。自分はホスト側なので、迷惑かけないように8Iで手前から乗せようと軽くスイング。
良い感じに高めのナイスショットが出てグリーンセンター方向に飛んで、グリーンオンしてボールが消えたのまで確認。ちょっと奥目に行ったけど、とりあえず乗ったなと思い、全員ティーショットした後グリーンへ。
で、自分のボールを探すが見つからない。奥のラフにもないし、スプリンクラー栓にもないし、、、他の皆さんにも探していただいているが見つからない。
グリーン上に無い時点でもしかしてと思っていたが、ここである程度確信に変わり、キャディさんに念のためカップ見てもらうようにお願い。
「入っちゃってますー!!」
ってことでホールインワン達成!!
同伴者の方も目撃は初めてとのことでちょっと盛り上がる。そしてこれはニアピンなのか。
でも、1打で入れてしまうとグリーン周りなにもプレーしないので、それはそれで寂しい。プライベートのプレーだと喜びだけなのですが、仕事ゴルフでホスト役なのにやっちまったという思いも交錯。これも前厄の威力か。
キャディさん付のプレーなので、保険も下りますが手続きいろいろ大変そう。どうせならもっとおっきな保険を掛けておけば良かったわ。

最初の30分で10オーバー

おそらく今年最後のラウンド。
出だし3ホールで10オーバー。こんな立ち上がり初めて(笑
ツキもなく残り6ホールはボギー。
後半もパーがほとんど取れずなんとか99でホールアウト。
来年はこんなことありませんように。

男同志

ひょんなことから親戚のおじさま二人と会食。
普段は法事ぐらいでしか会わないので、ある意味新鮮。
いろんな会話をしていたら結局ゴルフの話題に・・・近々ラウンドです。
お医者さんとMRなので薬の話にはさすがについていけず。

シニア観戦いいね

今日はVIP入場できる知人について行って(というか運転手)サミットカップ観戦。
女子ツアーの観戦は華があっていいのだが、シニアツアーの観戦はかなり面白い。
みんな楽しんで競技しているし、専属のキャディ連れている選手も少ないからいろいろ作法も参考になる。一番いいのは観客がそこまで多くないから、じっくり見られるということ。これぐらいの人口密度がいいなぁ。

アーリーバード

初めてアーリーバートのゴルフ。家出たのは午前3時半。
スループレーで回って9時には終了〜。
最初の数ホールはガスってたけど、暑くなる前に終わるのでかなり良い感じ♪

ベスト更新

今年二回目のラウンド。ゴルフ仲間とその仲間たちとラウンド。
一人だけ別ティーの切なさを感じたが、現実逃避していたからか、なんか前半かなり噛み合って39。後半はさほどでもなく47でしたが、ベスト更新。

14年ぶりだな

大学時代の後輩と館山でラウンド。彼の会社の同僚が来るとのことだったが、、、大学の先輩だった。このメンツでラウンドする日が来ることを当時想像できただろうか・・・
館山、昔はすごい遠いイメージだったがいつの間にか高速が開通しているので、都内から2時間掛かりませんでした。いい時代になったもんだ。