40,000km突破

昨日、成田までラウンドしに行く途中で気がつくと車のオドメーターが40,000km突破してました。まだ最初の車検通してないのに。アベンシスと比べると一回り小さく、4人ゴルフで荷物乗せるのに苦労することもあるけれど、クリーンディーゼルの燃費の良さがあるので、買い替えて正解だった。いま買い換えるとしても、また308swになりそう。
昨日は先週とはうって変わってゴルフ日和。インスタートの42-46で88回で復帰戦としてはまずまず。

ベスト更新

昨日は雪で延期になった会社内のコンペ。先週は前半大たたき、後半ベストだったので、どうなるんだろうと期待と不安が交錯しつつラウンド開始。
第1打はまさかのチョロ。第2打も超低空飛行。第3打でやっと当たってきたが、ボールはほぼ前進4打の位置。幸いパー5のホールなのだが、まだ170yも残っている。第4打は気を取り直して(開き直って)5Iでグリーンとらえる。2パットでボギーで凌ぐ。その後はニアピンホールで30cm取ったり結構調子が良く、前半は2バーディ、4ボギーの38。かなり上出来。
後半入っても9Iでの転がしアプローチでピンチを凌ぎ、終わってみれば4ボギーの40。某M倶楽部の白ティーとはいえ、グロス78、ついに70台。
70台もうれしかったが、ダボを打たなかったのが初めてでこっちの方が嬉しい。

大波更新

先々週、先週と雪に見舞われたので、久々にラウンド。
開始早々、トリ、ダボ、トリと酷い立ち上がり。4番ではOB2発と池で11。立ち直るきっかけがないわー。6番の2打目から立ち直ってパー3つ取って前半は56。
後半は、開き直ったのが良かったのか、パー、パー、バーディと始まり終わってみれば1バーディ1ダブルボギーの37。ハーフのベスト更新。そして大波更新。ボギーの無い出入りの激しいラウンドでした。。。

正月休みの工作

3年前にアメリカでゲットしたラズバイをまだ試さずにいたので、ケースの組み立てとUbuntuのインストールまでやってみた。
、、、見た目完全にX68kだな。

リモートデスクトップでのキーボード配列設定

自宅PCやノートPCから会社PCにリモートデスクトップで接続するときの問題がひとつ解決した。
会社PCはUSキーボード(101キーボード)で使用しているので、リモートで接続したときも原則USキーボード配列で使用することになる。
しかしいつの頃からか、Windows起動後の初回ログインがリモートデスクトップからの場合にクライアントのキーボード設定が適用されるようになった。クライアントのキーボード配列に応じて設定されるので違和感が少ない仕様なのだが、、、これがありがた迷惑。
・会社で作業再開する場合、一旦再起動しないとUSキーボードの設定が反映できず、「_(ろ)」が打てずに詰む。
・実家で作業する場合、ノートPCにUSキーボードを接続して使用している関係上、USキーボードを使用しているのにノートPC本体の日本語配列が適用され、「_(ろ)」が打てずに詰む。
特に後者は最悪で、対策としてはシャットダウンしないか、あきらめて外付けも106キーボードを使用するぐらいしか対応策が無くなる。
以前、どうにかならない物かと調べたらIgnoreRemoteKeyboardLayoutというレジストリキーを0x00000001にすれば良いという情報があり、試したがうまくいかずにあきらめていたのだが、別の情報を見つけ試したら上手く行った。
クライアントのキーボードレイアウト毎にマップするキーボードドライバを設定する箇所がレジストリにあるので、
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\KeyboardType Mapping\JPN]
“00000002”=”kbd106.dll”
となっているところを、
“00000002”=”kbd101.dll”
としたら、106キーボードで最初にログインしてもUSキーボードとしてログインできた。
これで「_(ろ)」が打てずに詰むこともなくなるし、「`(バックアポストロフィ)」を打つために小指ぴくぴくしなくても済むわ。出先でのVerilogも怖くないわ。

遅めの夏休み

夏休みが取れそう無い状況だった&ティッケナムでのテストマッチが11月にあるので、夏休みをずらして取得。
今年はANAの年なので、今回もNHで。行きのHND→LHRは予約時に席指定できなかったのだが、出発24時間前にAC席の並び席を確保してオンラインチェックイン。
1日目、いざ出発。羽田で荷物の預け入れ中にプレエコへのアップグレードをお願いされた。通路脇の席ではなかったが並び席なので了承。2席並びでアップグレードお願いされるとは予想外。事前のアップグレード入札は蹴られていたので釈然としないがロハになったので良しとしよう。
フライトはそこそこ快適だったがヒースローの入国審査で1時間待ち。その後ピカデリーラインは座れず40分電車に揺られようやくホテルに。この移動は疲れますな。
で、とりあえず市街に繰り出してお土産の物色やら夕飯やら水の買い出し。
2日目、この旅の大きな目的であるENGLAND-JAPANのテストマッチ応援。Waterlooから電車を増発しているので午前中は街中で買い物。
Five Guysでハンバーガーを買い込みいざ移動。チケットを受け取るのに手間取るかも、と早めにガラガラのスタジアムに到着。外国人はほとんどいないのでチケット受け取りはかなりスムーズ。
試合前にスタジアムのカメラに抜かれたのでJAPANの旗を降って応戦。君が代は頑張って歌ったんだけど全然響かず、周りの人たちは「この歌何?」「たぶん日本の国歌だよ」という反応。試合が始まる頃にはスタジアムはほぼ満員。前半、最初のワンプレーでトライを奪われ惨敗パターンなのかと心配になったが、そこから善戦しリードしたまま前半終了。超静かなスタジアム。後半はJAPANの反則が目立ちジリジリと形勢不利に。日の入りとともにイングランドがトライを奪うたびに応援の勢いが増し、最後は力負け。イングランド相手にここまで戦えるようになったのは素晴らしいが、やっぱり残念。帰りもWaterloo経由で市内に戻り、買い物して終了。
3日目、ロンドン徘徊。午前中スカイガーデンでリベンジして買い物してからアフタヌーンティー、公園、デザインミュージアムとめぐり一旦ホテルに。荷物を置いてミュージカル鑑賞。今週のロンドンはこれでも寒くなく「マイルド」らしい。
4日目、移動日。さらばイギリス。午前中のユーロスター9014でパリに移動。今回もモンパルナス近くのホテルに。オペラ座の中を見学して、買い物して、夕ご飯は久々にひぐまのラーメン。天気を確認してモンサンミッシェルは6日目にすることにした。
5日目、パリ徘徊。遅めの朝ごはんの後、翌日のTGVを確定して、午後はプジョー本社に行ってみたが移転した跡しかなかった・・・プジョーアベニューも閉鎖・・・中国資本恐るべし。シャンゼリゼのアップルストアで体を暖めた後、FIVE GUYSでお昼、その後買い物。晩御飯はMONOPRIXのラザニア。
6日目、モンサンミッシェル日帰り旅行。朝イチのTGVでレンヌに。そこからバスでモンサンミッシェルに。今回は快晴でリベンジ達成。ランチのデザートがなかなか来なくって帰りのバスに間に合うか微妙に・・・さらに店員さんのデゥーミニッツの発言。どこかで聞いて嫌な予感がしたので、打ち切ってレンヌへの帰路に。帰りのTGVは21時台の激安最終便にしたのでレンヌで散策&ディナー。ブルターニュまで来たのでSt.Georgeでガレット。雰囲気&味は良かったけど、前衛的なガレットを頼んでしまい、少し食べづらい。TGVはプレミエの広めのシートでうとうと。ルマン-レンヌ間のTGV専用線が完成したらしく時短&揺られず快適に。
7日目、帰路に。午前中オランジェリー美術館に。午後は荷物をまとめてCDGに。ANAなので懐かしのターミナル1。手荷物を預けようにもカウンターの開始時間が決まっているのでイケてない。
8日目、機中泊。帰りはマンマ・ミーアの映画を観て後はSUDOKUしながら爆睡。京急→浅草線のエアポート快特で帰宅。

防犯カメラ

実家にいろんな勧誘が来ていて、ついつい家に上げてしまう親。まあ、危険な誘いは断るでしょうと思っていたら、セミナーに連れ出そうとしたりしていて結構危ない状況ってことが発覚。
今回は運良く回避できたが、危ないので先週アキバで買い出しして実家の玄関に動体検知付きのWEBカメラを設置。ついでに玄関の上に人感センサー付きダミーカメラ風の照明を設置。他にもいかにも監視カメラという形のダミーカメラも1,000円だったので買ってみたが、良い設置場所がなく断念。

一週間ほど運用してみたが、通知の方法をうまく設定すれば便利に使えそうな感じ。一回、知らない来客が来たときもスマホに通知が来て来客中に対応できたのでいい感じ。

USB-C対応モニタ DELL U3219Q

会社の方針で在宅勤務の実験をすることになり週に1回程度職場以外の場所で仕事をしてみても良いことに。肉離れして歩くのもしんどいので、実験に参加してみることにした。
家で普通に使えるデスクトップPCはiMacだけ。がっつり仕事しない前提なので21インチで4k。会社のPCは4kの31.5インチのモニタで作業しているので、一日がっつり仕事してみたが、かなり目に悪い。
がっつり仕事するためには大きめのモニタが必要だなー、Chromebookを始め、最近のノートPCはUSB-C一本のケーブルで表示、USB、充電すべて対応できるんだよなー、と思いつつモニタ選び。EIZOのものと迷ったのだが、大きさや価格等のバランスでDELL U3219Qに決定。
スペックや校正方法を見る限り問題ないのは分かっているのだが、やっぱり実機で確認してから購入したいところ。しかし、アキバ周辺には展示機が全くない。日本中探しても展示機が無い可能性大。まあしょうがないと思い購入。
動画は試していないが、ビジネス用途は全く問題ない画質でUSB-Cでの接続はiMacもVAIO S11もChromebook(C223、C101PA)もPixelbookも4kで表示でき問題なし。モニタ経由でUSB接続したキーボード、マウスもWindows、Mac、Chrome OSで問題なし。充電も問題なし。この辺の情報があらかじめ分かっていれば迷わず安心して購入できますな。
さらにDisplayPort入力とUSBアップストリームポートをダイナブックのドッキングステーションに接続。こうすると表示しているデバイスに合わせてUSBキーボードとマウスを接続してくれるので、超快適に。これで家でもガッツリ仕事できますわ。

はじめてのNR

先週土曜日のゴルフコンペ。ちょっと暑かったがいい陽気でゴルフ日和。
出だし最初のホール、下りの返しのパットを決めてパー。
2つ目のホール、上りの長めのパットが決まってバーディー。
今日はツイてると思いつつ3ホール目。残り140yのセカンドショットをダフってしまい、52度をカートに取りに行って駆け足で戻ろうとしていたとき、突然バーンという爆発音を聞いたと同時に右足が釣った感じに。靱帯切れたかも!と一瞬驚いたが、足は動くので、足が釣っただけだなと思い、丁寧にアプローチ。ゆっくり歩きながら、2パットでボギーで凌ぐ。
次のホールからドライバーはとても足が痛くて振れない・・・多分釣ったわけではなく、肉離れだ。3ホールほど頑張ったが悪化しそうなほど痛いので、初のリタイヤ。コンペだったのでNR(ノーリターン)に。。。調子が良いときほど怪我に気をつけようというのは本当ですな。怪我の予防のためにストレッチは本当に大事ですな。
先週の連休はまともに歩けず家でハイハイしている生活だったが、一週間ほどしてようやくまともに歩けるようになってきたわ。良い季節なのに当分ラウンドはお預け。

シンプルなChromebook ASUS C223NA

久しぶりにノートパソコンを購入。
家にあるPCのWindows10のアップデート攻勢に嫌気が差している中、ASUSから出たChromebook C223を海外からゲット。250ドルぐらいで買える安価なタイプなのだが、キーボード配列が素晴らしいので第一印象は好印象。液晶の視野角は狭いが、文章を打ち込むための端末なので問題なし。この文章もC223で書いてます。これは名機な予感。
値段も高くなく、USB-typeCで充電できるので、旅のお供にもちょうど良いかも。
日本語版が出たらいろんな人に進められるChromebookです。