続・リモートデスクトップでのキーボード配列設定

リモートデスクトップ使用時のキーボード配列をレジストリを編集することでUSキーボード配列に固定していたが、最近のWindowsアップデートの影響か設定が元通りに。
さらに自宅PCのキーボード配列の判定が変わった影響か分からないが追加の対応が必要に。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\KeyboardType Mapping\JPN]

“00000002”=”kbd106.dll”
“00010002”=”kbd106n.dll”
となっているところをそれぞれ
“00000002”=”kbd101.dll”
“00010002”=”kbd101.dll”
と書き換えましょう。106キーボードにも種類があるらしい。
Windows10になってから細かい改良が入って追いつくのが面倒ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です