計器は正しかった

昨日納車されたクルマで早速ゴルフに。
納車されてから家に帰る途中、パンク警告が発動。とりあえず回転数の校正を行っていないからかなーと解釈し、一旦リセット。
で、行きに高速乗ってゴルフ場近くのコンビニに寄ったときに、左後輪がやたら空気抜けてるのが分かり、本当のパンクだったのかと驚き。3名乗車だったので、何事もなくてよかった。
高速を80kmほど走行しているので、小さな穴であることは確実。なので自走して近くのガソリンスタンドで空気入れて、ゴルフ場まで慎重に運転。あとはディーラーに連絡して、タイヤを持ってきてくれることになり、プレー後しばらくしてタイヤ到着。そしてタイヤ交換。パンクしたタイヤにはビスが刺さりっぱなし。ディーラーの担当者に感謝。
ラテン車の電装系は適当だと思っていたが、そんな事はなくきちんと仕事をしていることが分かり、安心です。
ばたばたしていたので、ゴルフは負けてしまったわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です